クランプ/Krump


クランプとは、LAの超危険区域で生まれたダンスです。元ドラッグ・ディーラーだったトミー・ザ・クラウン(TOMMY THE CLOWN)が、出所後に子供達を楽しませようと始めたクラウンダンスが起源で、そのトミー・ザ・クラウンの弟子であった、「Tight Eyez」や「Mijo」、「Lil C」、「Miss Prissy」らによって、楽しむダンスから戦うダンスへと進化して行ったのがKrumpと言われています。この地域はケンカや抗争が絶えず、「買い物に行くだけで銃撃される」、「若者はダンスチームに入るかギャングになるしかない」と言われ、普通に生きていくことさえも簡単ではなかったようです。そういった極限生活の中、次第に自分達の怒りや感情をダンスにぶつけるようになって行ったようです。

クランプは基本的にバトルダンスのため、相手を威嚇したり、攻撃的な踊りをしたり、体全体を大きく使いながら感情をむき出しにして踊るのが特徴です。基本の動きとしては、足を踏む(ストンプ)、胸でポップを打つ(チェストポップ)、腕を振り下ろす(アームスイング)などがあります。また、ブレイクダンスのようにアクロバティックな技を使うこともあります。どちらも同じバトルダンスですが、ブレイクダンスはどちらかと言えば”技”を競い合うのに対し、クランプはお互いの”感情”をぶつけ合うダンスではないでしょうか。

クランプと言えばドキュメンタリー映画『 RIZE(ライズ) 』が有名であり、Rizeにより日本でも大きく広がりを見せて行きました。クランプを踊る人をクランパーと呼び、クランプのチームのことは「Fam(Famiry)」と呼ばれます。通常のダンスチーム以上に、仲間同士の絆を大切にする家族のような存在のようです。最近では、ダンス大会でもクランパーをよく見かけますし、日本でも「Twiggz Fam」を筆頭に、多くのFamやCrewが増えて来ています。
 
映画:Rize

THE REALM krump battle LA 2013

 
もっとクランプの動画を見る