エントリー・フットワーク系


ブレイクダンスの基本技となるエントリーとフットワークについてご紹介します。どちらも色んな技に入る前の助走的な動きとして使われることが多いです。エントリーは立った状態で行うもので、トップロックやアップロックといったものがあります。また、フットワークはフロアを使った技で、主に回転系の技に入る前に使われることが多いです。「エントリー」→「フットワーク」→「大技」といった流れが一般的です。

ジャンル
エントリー
フットワーク系
ヘッドスピン系
バックスピン系
ハンドスピン系
ウィンドミル系
逆立ち系
フリーズ系
その他

 
ちなみに、バトルでよく目にするジェスチャーについては、こちらで解説しています。

 

トップロック (Toprock)

トップロックは技に入る前の最初のステップで、ブレイクダンスの基本中の基本です。両手を体の前でクロスした状態から、両手を左右に開くと同時に片足を前に出す動きです。このトップロックからアップロックやフットワークに繋げて行きます。

 

アップロック (Uprock)

アップロックは、ブレイクダンスにおいて戦闘の開始を意味する動きとも言われています。様々なバリエーションがありますが、ステップをしながらしゃがむ動きが特徴です。トップロック→アップロック→バトル開始というケースが多くあります。

 

フットワーク・6歩 (Footwork 6 Step)

フットワークは、両手両足を地面に着けた状態から、上半身を軸にしてコンパスのように足を回転させる技です。1周する間の歩数で、6歩、5歩、4歩、3歩、2歩、1歩と区別されます。フットワークもブレイクダンスの基本となり、多くのB-BOYが技に入る前に利用しています。