レゲエ/Reggae


レゲエとは、1960年代後半にジャマイカで成立したポピュラー音楽のレゲエに合わせて踊るダンスで、ジャズやガールズヒップホップ、ベリーダンスと共に圧倒的に女性の割合が多いダンスジャンルです。レゲエと言えば腰やヒップを激しく動かしたり、フロアに寝そべって脚を高く上げたり、三点倒立で脚を開いたりする過激でセクシーなイメージを思い浮かべる人も多いと思いますが、それらは単に技の1つであり、本来レゲエには無数の技やステップがあります。女性ならではのやわらかい動きを出しつつ、様々な技をリズムに乗せて行うためには、見た目以上にかなりのテクニックが必要とされます。

主な技には、ボーグル、アークル、ウェーブ、ハイヤー・レベル、レインドロップ、アウト・アンド・バット、ブラウジー、ジギ、オー・マイ・スウィング...などがあります。レゲエは他のジャンルに比べて新しい動きや流行りが出来るのが早いという特徴があります。また、露出度の高いセクシーな衣装で踊ることが多いことから、クラブやイベントでも非常に人気の高いジャンルとなっています。音楽としてのレゲエも世界中で大変人気があるため、レゲエ用語なども数多く存在しています。日本でもよく耳にするアイリー、ガンジャ、ラスタ、バイブス、ヤーマンなどはレゲエから来ています。

2007年ヨーロッパダンスホールクウィーンのシーシャ。

 

SLAVIC DANCEHALL QUEEN 2015 OFFICIAL TRAILER

 
もっとレゲエの動画を見る