ロックダンス/LockDance, Locking, Lock’n


ロックダンスとは、アメリカ人のDon Campbell(ドン・キャンベル)が発案したダンスで、ロックとは鍵(LOCK)を意味し、激しい動きの中で突然体に鍵をかけた様に停止する動きから来ています。1970年代に入ってから、ドン・キャンベルは『オリジナル・ロッカーズ』というダンスチームを結成し、その後世界的にロックダンスが広まって行きました。基本的な動きには、腕を巻き上げるトゥエルTWIRL)、腕を体の前で止めるロック(LOCK)、指をさし示す動きのポイント(POINT)、手を叩くクラップ(CLAP)などがあり、決まった動きとして、スクービードゥ(SCOOBIE DO)、キックウォーク(KICK WALK)、ストップアンドゴー(STOP AND GO)、ウィッチウェイ(WHICH WAY)などの様々なステップがあります。

ロックダンスはヒップホップやブレイクダンス、ポップなどと共に非常に人気のあるダンスで、ダンス大会等でもロック部門があるほどのメジャージャンルです。日本にも多くの有名ダンサーが存在し、ダンサー以外でも多くのアーティストやアイドルグループが振り付けとして取り入れることも多いです。

THE LOCKERS(オリジナルロッカーズ)

Steevy Lock

Hilty & Bosch – Red Bull BC One 2005

 
もっとロックダンスの動画を見る