Red Bull Bc One


レッドブル・ビーシー・ワン

エナジードリンクのRed Bullがスポンサーをしている大会で、ブレイクダンスのソロ世界一を決める大会です。2004年にスイスのビールで初開催され、そこれから毎年世界各地で開催されています。(BCはBreakdance Championshipの略)。各国の予選を勝ち抜いてきた者と前大会からワイルドカードとして選ばれたB-boy16人によって1on1トーナメント方式で争われます。この大会に出場することは、ブレイクダンサーとしての確固たる地位を確立するため、出場を目標にしているダンサーも多い。1on1のソロバトルのため、勝敗は己の実力のみとなり、この大会の優勝者は世界一のブレイクダンサーと言っても過言ではない。「Battle of the Year」、「UK B-Boy CHAMPIONSHIPS」と並びブレイクダンスの3大世界大会の一つです。

お互い交互に技を披露するバトル形式で争われますが、先攻後攻は決まっていないのでどちらもなかなか仕掛けないことも多いです。1人が3ムーヴずつ披露した結果、5人のジャッジにより勝敗が決まります。誰と当たっても簡単な戦いは無いので、持てる力をフルに発揮しなければいけないが、トーナメント制なので後の勝負に技を温存しておきたいという気持ちもあるでしょう。優勝するためには、そういった駆け引きも重要になってきます。2009年には、フランスの「Lilou」が大会初となる2度目の優勝を果たし、2013年には、韓国の「Hong 10」も2度目の優勝を遂げました。

 

 

歴代チャンピオン (2004年~2015年)

 
過去12回中、アメリカ勢が4回、韓国とフランス勢が3回ずつ優勝しています。フランスの「Lilou」と韓国の「Hong 10」は、共に2回の優勝という偉業を成し遂げています。残念ながら日本勢の優勝はまだありませんが、「Taisuke」は2回の準優勝を含む本戦出場回数6回を誇っており、まさに Red Bull Bc One の顔になっています。また、「Taisuke」が2007年に出場した時はまだ17歳で、当時は最年少出場と話題になりましたが、2012年に「Issei」が、なんと15歳で出場して最年少記録を塗り替えました。

年 ・ 開催地 ( 国 )
優勝者
( 所属チーム )
日本代表


2004
ビール
(スイス)


アメリカ
Omar
(Jive Turkeys)
Kouske
1回戦敗退


2005
ベルリン
(ドイツ)


フランス
Lilou
(Pockemon)
出場者なし


2006
サンパウロ
(ブラジル)


韓国
Hong 10
(Drifterz)
Kaku
2回戦敗退


2007
ヨハネスブルク
(南アフリカ)


アメリカ
Ronnie
(Full Force, Super Cr3w)
Taisuke
2回戦敗退


2008
パリ
(フランス)


韓国
Wing
(Jinjo)
Taisuke
準優勝


2009
ニューヨーク
(アメリカ)


フランス
Lilou
(Pockemon)
Kaku
1回戦敗退


2010
東京
(日本)


ブラジル
Neguin
(Tsunami All-Stars)
Toshiki
Taisuke
2回戦敗退
1回戦敗退


2011
モスクワ
(ロシア)


アメリカ
Roxrite
(Renegades/BreakDisciples
/Squadron)
Taisuke
2回戦敗退


2012
リオデジャネイロ
(ブラジル)


フランス
Mounir
(Vagabond Crew)
Issei
1回戦敗退


2013
ソウル
(韓国)


韓国
Hong 10
(Drifters/7Commandoz
/RBBC1AS)
Taisuke
1回戦敗退


2014
パリ
(フランス)


オランダ
Menno
(Hustle Kidz/RBBC1AS)
Taisuke
準優勝


2015
ローマ
(イタリア)


アメリカ
Victor
(Squadron)
Issei
Kazukirock
2回戦敗退
1回戦敗退


2016
名古屋
(日本)


日本
Issei
(Foundnation)
Taisuke
Nori
2回戦敗退

 


 

Red Bull BC One All Stars

 
レッドブルBC Oneオールスターズは、Red Bull BC Oneで活躍したB-BOYの中から毎年1名が選出されます。(新しいメンバーは既存のメンバーによって選ばれます。)国際的に有名なダンサーばかりで、ダンススキルはもちろんですが、全員が独自のオリジナル性をもっているB-BOY達です。レッドブルBC Oneオールスターズとして様々な大会やイベントに参加し、ヒップホップ文化の大使的な役割も担っています。また、UK B-Boy CHAMPIONSHIPS 2016の優勝やIBE2012出場など、多くの功績も残しています。

ダンサー
所属クルー
Roxrite


アメリカ
Renegades/Squadron
Pelezinho


ブラジル
Tsunami All-Stars
Cico


イタリア
Spinkingz
Hong 10


韓国
Drifterz/7 Commandoz
Ronnie


アメリカ
Super Cr3w/Full Force/7 Commandoz
Taisuke


日本
The Flooriorz
Lilou


フランス
Pockemon
Neguin


ブラジル
Tsunami All-Stars
Lil G


ベネズエラ
Speedy Angels
Wing


韓国
Jinjo Crew/7 Commandoz
Menno


オランダ
Hustle Kidz
Victor


アメリカ
MF Kidz/Squadron