ダンス必修化


 文部科学省では、平成20年3月28日に中学校学習指導要領の改訂を告示し、新学習指導要領では中学校保健体育において、武道・ダンスを含めたすべての領域を必修とすることとしました。

 武道は、武技、武術などから発生した我が国固有の文化であり、相手の動きに応じて、基本動作や基本となる技を身に付け、相手を攻撃したり相手の技を防御したりすることによって、勝敗を競い合う楽しさや喜びを味わうことができる運動です。また、武道に積極的に取り組むことを通して、武道の伝統的な考え方を理解し、相手を尊重して練習や試合ができるようにすることを重視する運動です。

 ダンスは、「創作ダンス」、「フォークダンス」、「現代的なリズムのダンス」で構成され、イメージをとらえた表現や踊りを通した交流を通して仲間とのコミュニケーションを豊かにすることを重視する運動で、仲間とともに感じを込めて踊ったり、イメージをとらえて自己を表現したりすることに楽しさや喜びを味わうことのできる運動です。

[※文部科学省ホームページより抜粋]

 

教育現場の困惑

 

 ダンス必修化により、体育の授業でダンスを教えることとなりましたが、「創作ダンス」や「フォークダンス」ならまだしも、現在の体育教師の大多数は、「現代的なリズムのダンス」いわゆるヒップホップダンスなどは未経験の状態です。そのため、教師自身がダンススクールに通ってダンスを習得しなければならないという状況も発生しております。経験者ならともかく、少し習ったからと言って、それを人に教えるのはまた別の難しさがあります。

 

ご参考

 

 ダンススクールに通ってある程度習得するまでには、かなりの時間とお金もかかります。また、現在はダンスのジャンルも多岐に渡っており、スクールの多くがジャンル毎にクラス分けされています。教える教師側にとってもすべてのジャンルを習得するのはまず不可能でしょう。最近は HOW TO 系のDVDも数多く出ておりますのでご活用してみてはいかがでしょうか?また、実際に踊れなくても知識としてダンスの歴史などを教えることも重要です。ダンスのジャンルや歴史について、ご参考にして下さい。