最近のB-Boyバトルジャッジに物申したい!


ブレイクダンスは世界的にも人気が高く、国際バトル大会もたくさんあります。

BATTLE OF THE YEARのように、1990年から続く歴史ある大会もあれば、WORLD BBOY CLASSICのように、比較的新しいものもあります。(参考:世界のダンス大会

それらのバトル大会のジャッジについて、私は一言物申したい!(異論は認める)

WORLD BBOY CLASSICでは、「スタイルと独創性」を重視すると名言していますし、世界的にもその傾向は年々強くなっています。

 
ブレイクダンスは体操ではないので、決まった技を披露するだけではダメ!(←わかる)
ブレイクダンスの更なる発展と進化のため、オリジナリティを重視する!(←わかる)
1つの大会内で同じ技を何度も繰り返し使うのはダメ!(←わかる)

 
でも、、その結果、バトルがつまらなくなってやしませんか?

 
かつての私がそうだったように、初めてJuniorCico、Pelezinhoなどのバトルを見たとき、衝撃を受けました。超人的な身体能力と、信じられないアクロバティックな技に興奮しました。そして自然に「これ凄いよ!」って、友達やSNSで紹介しまくったものです。

しかし、そういった凄いB-Boy達がバトルではなかなか勝てていない現実があります。当サイトでもたくさんのバトル動画を紹介していますが、正直決勝戦よりも1回戦、2回戦の方が面白いバトルが多いです。

残念ながら今のスタイル重視のバトル動画は、積極的に人に紹介する気にはなりません。(サイト内ではたくさん紹介してますけどw)

 
今のバトル大会は玄人向きだと言われます。技の難易度がそれほど高くなくても、オリジナルムーブであれば高く評価されているように思います。ただ、素人にはその技がオリジナルかどうかまではなかなかわからないでしょう。(別に素人に合わせる必要はないのですが)。

私は決してスタイラーやオリジナリティの重要性を否定している訳ではありません。それに、例え凄い技であっても全く同じ技を何度も見せられれば、私もつまらなく感じるでしょう。

 
私が懸念しているのは、この状況が続いてしまうと、大技にトライするB-Boyが減って行くのではないか?ということです。

 
大技を習得するには時間もかかりますし、本番で失敗するというリスクも高まります。次の大会で勝ちたいと思ったとき、時間をかけて1つの大技を習得するよりも、簡単でもオリジナルの技を3つ4つ習得した方が勝てるならば、後者を選択するのではないでしょうか?

私はブレイクダンスの醍醐味は、やはり大技やアクロバティックな技だと思っています。新しい振りが見たいだけなら、ヒップホップやフリースタイルバトルでも良いのではないでしょうか?(※他のジャンルをDisってる訳ではありません)。

その為にも、やはりリスクを背負ってトライした技に対しては、ジャッジもリスペクトを示して欲しいですね。また、それらの大技については、形やコンビネーションがある程度違っていれば、例え2回目であっても、評価されて良いのではないでしょうか?

また昔のように「ド肝を抜かれる大技」や「小細工無しで競い合うバトル」が見れることを期待したいと思います。

 
■関連記事
挑発ジェスチャーを覚えてバトルを10倍楽しもう!
Red Bull Bc One 2016名古屋を徹底的に楽しもう♪(前編)