正確無比のタッティングとカメラワークがキマってる


ロサンゼルスのダンサー JayFunk によるタッティングディジッツの映像です。前半は主にタッティング、後半は主にディジッツの構成となっており、両腕と指で作られる直線、直角、平行線の形が、どれをとっても正確でキレイです。タッティングディジッツに合わせて動くカメラワークもより一層の演出効果を生み出しています。

 

関連動画

 


 


Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.