ポップ/Pop, Popping, Pop’n


ポップとは、筋肉を弾く(ポップ)から由来し、ポップ(pop)、ポッピング(popping)、ポッピン(poppin’)とも呼ばれます。もともとはエレクトリック・ブギ(electric boogie)というものでしたが、エレクトリック・ブガルーズと呼ばれるグループによって、一般的なポップとして広められました。また、映画「ブレイクダンス」「ブレイクダンス2」などの影響もあり世界中に広まって行きました。アニメーションやブガルー、ロボットダンスなどもポップに属しています。

あらゆる部位の筋肉を弾いたり静止させたりする動きと、体に波(ウェーブ)が通るような動きなどが特徴です。筋肉を弾くことをヒット(打つ)と呼びます。ポップには、ポップ、ロール、ネックオーフレックス、ツイストオーフレックス、マスターオーフレックス、ウェーブ、ブガルー、ティッキング、サックウォーク、フレズノといった決まったステップが多数あります。ポップを上手く打つには、実はかなりの筋肉が必要となります。しかし、ダンス自体は動きが小さくそれほど体力を使わないため、オールドスクールの中でも一番長く現役を続けられるジャンルではないでしょうか。

ポップダンサーJ Smooth

フォーマーアクション・KITEのソロダンス

 
もっとポップの動画を見る