ターフダンス/TurfDance


ターフダンスは、主に hyphy music と呼ばれる、ウエスト・コーストの音楽で踊るストリートダンスの一種です。Turf の由来は、Taking Up Room on the Floor(フロアー上でいっぱいスペースを使う)の頭文字をとったもので、Turf Dancer の Jeriel Bey によって作り上げられました。

当初は1980年代に、カリフォルニアのブガルームーブメントと、ニューヨークのブレイクダンスに影響を受けたところから始まります。その後1990年代に入ると、カリフォルニア州のオークランドで、hyphy music を使ったダンススタイルへと区別され、オークランドを代表する独特のダンススタイルへと進化して行きました。そして、2002年頃になって、Jeriel Bey 率いるダンスグループにより、ターフダンスの注目が高まりました。

ダンススタイルとしては、文字通りフロアーをいっぱいに使って移動したり、つま先だけで絶妙なバランスやターンを行うのが特徴です。また、タットフレキシングポップの waving などもミックスされています。(※フレキシングとターフダンスは同じという考え方もあるかもしれませんが、当サイトでは一応分別しています)。

最近では、逆にターフダンスをヒップホップポップに取り入れるダンサーも多く、徐々にジャンルの区別が付き難くなっているのも事実です。
 

TURF FEINZ

Looney TURF Dancing in London, Europe

 
もっとターフダンスの動画を見る