ウィンドミル系


ウィンドミル系もブレイクダンスの代名詞のひとつです。ヘッドスピン同様、回転しているときの姿勢(形)で様々な呼び名があります。まずはウィンドミルをマスターすれば、他の技の習得もスムーズに行くでしょう。(エアートラックスなどもウィンドミル系に含まれるかもしれませんが、当サイトでは逆立ち系の方でご紹介しています。)

ジャンル
エントリー
フットワーク系
ヘッドスピン系
バックスピン系
ハンドスピン系
ウィンドミル系
逆立ち系
フリーズ系
その他

 
ちなみに、バトルでよく目にするジェスチャーについては、こちらで解説しています。

 

ウィンドミル(Windmill)

ウィンドミルは、仰向けとうつ伏せを繰り返しながら、下半身は両足を開いたまま浮かせて回転する技です。動画の(0:06~0:10)辺りの技です。(※そのまま再生するとウィンドミルから始まります。)

 

ベイビーウィンドミル(Baby Windmill)

ベイビーウィンドミルは、ウィンドミルの足を曲げて体育座りのような状態で行う技です。動画の(0:32~0:39)辺りの技です。(※そのまま再生するとベビーウィンドミルから始まります。)

 

エッグビーターベイビー(Egg Beater Baby)

エッグビーターベイビーは、カフスとベイビーウィンドミルを混ぜた技で、両手を尻にあてて回るベイビーウィンドミルです。

 

ノーハンド(No Hand)

ノーハンドは、手を使わないウィンドミルのことです。動画の(0:20~0:49)辺りの技です。(※そのまま再生するとノーハンドから始まります。)

 

カフス(Cuffs)

カフスは、ノーハンドの一種で、両手を尻の後ろに当てた状態でウィンドミルを行う技です。まさに後ろ手で手錠(Cuffs)をしたような状態です。

 

ナッツクラッカー(Nutcracker)

ナッツクラッカーは、両手を股間にあてて回転するウィンドミルです。動画の(0:41~0:46)辺りの技です。(※そのまま再生するとナッツクラッカーから始まります。)

 

エアープレーン(Airplane)

エアープレーンは、ノーハンドの一種で、両手を少し広げて飛行機(Airplane)のような形で回転するウィンドミルです。

 

スパイラルウィンドミル(Spiral Windmill)

スパイラルウィンドミルは、両足を伸ばし、閉脚した状態で回転するウィンドミルです。動画の(1:18~1:39)辺りの技です。(※そのまま再生するとスパイラルウィンドミルから始まります。)

 

バレル(Barrel)

バレルは、両手で樽(Barrel)を抱えるように輪を作った状態で回転するウィンドミルです。動画の(3:41~3:56)辺りの技です。(※そのまま再生するとバレルから始まります。)動画がバレルの説明としてはイマイチでノーハンドと区別がつきずらいですが、もう少し両手で樽を抱えているような形にしたものがバレルです。

 

Aトラックス(A Trucks)

Aトラックスは、ヘイロー、ヘッドロールとも呼ばれ、頭の側面で回転するウィンドミルで、ウィンドミルとヘッドスピンの中間のような技です。回転数によって呼び方が変わり、1回の振りで2回転するのをダブルヘイロー、1回の振りで3回転するのをトリプルヘイローと呼びます。動画はダブルヘイローです。動画の(2:20~2:22)辺りの技です。(※そのまま再生するとダブルヘイローから始まります。)

 

キャノンボール(Cannonball)

キャノンボールは、体を丸めた体育座りの状態で回転するAトラックスです。ベイビーウィンドミルに似ていますが、頭も使って回るのがキャノンボールです。